指令:連続で刷れ!

今日は、Tシャツを連続で刷ってみよう!

ポイントは、パネルを複数用意すること、マーキングしておくこと、の2つ。
パネルは、Tシャツくん専用パネル(Tシャツくん・多色ハンガーパネルLL
)なんかもあるけど、コストダウンを目指す人にとっては、そんなの買ってられないよね。5枚で6000円なんて、VIPですよ。

何か替わりになるものはないかと、ほうぼう探し回って、3年。
百均でいいものを発見!

粘土板子供用の粘土板。在庫の保証の無い100均なので、当然、まとめ買い。20個買っても2,100円!
これにスプレーのりかけて、Tシャツを固定して刷るのです。
便利。

ts_renzoku01.jpgまず、後に刷るTシャツ(2枚目以降はすべて)にマスキングテープで位置の目印をつけます(マーキング)。
とくに4隅がわかるようにしておくのがポイント。
※例によって、100円自作フレームを使ったぞ。

連続で刷るので、一度刷った版を次のTシャツに置いたら位置調整はできないと思え!
微妙にインクが擦れたりして汚くなり、がっかりするぞ(経験者)。マーキングしたら、最初に刷るTシャツを持ってきて、刷る。今回はラグランに、刷る。

1枚目 これはいつもどおりの感じで、刷る。

1枚目完了白に黒インクなので楽勝。黒インクは一番のりがいい!続けて、2枚目。

2枚目セットさっきマーキングした場所にあわせて版を置く。
慎重かつスピーディーさが求められね。
2枚ならレベル3くらいかな。

2枚目も完了こうすれば、経験上、白に黒インクの場合で連続15枚くらいはいける。
それ以上は目が詰まってきて、かすれちゃうのです。
そのときは、台にTシャツを置くというタイムロスを防ぐため、ジャンプとマガジンを並べてやりました。基本的にTシャツくん使う人は、大量生産しないだろうけど(大量なら業者に依頼したほうがいい)、5~10枚くらいならまとめてどうぞ!

銀色(シルバー)で刷ってみる。

silver01.jpg 

金銀パールベイベー! 今日はシルバーインクで刷ってみます。

金や銀のインクは、通常よりも粘性があるのか粒子が大きいのか、メッシュを通りづらいので、80メッシュというやや目の荒い版を使います(通常の水性インクは120)。

80メッシュは必須

インクは、下にとごる(溜まる)ので、よく振ってから。
粘性が強い(ネバネバ)だと、メッシュをうまく通らず、インクが乗らないので、ややシャビシャビくらいでOKです。粘性が強いときは水で薄めちゃいます。

金、銀は、色がしっかりつくので、黒Tシャツに刷るとかっこいい!

値段はやや高めだけど、かなりの勢いでオススメです。
ちなみに80メッシュは、気持ち荒くなるけど、通常の水性インクでも刷れます。

版を使いまわして何度も刷ってるけど、このゴージャス感はお気に入りです。

銀インク

金インク

指令:Tシャツくんのフレームを自作せよ!

Tシャツくんのフレームって高いよね。

これ。4500円+税。

はずすと使えなくなるし、どうしようってことですよ。

説明書には、使用後はティッシュでインクを拭いて100回くらい使えるようなことが書いてありましたが、拭くだけじゃあすぐ目詰まりします。これホント。

何度も使いたければ、ケアしないとね。

というわけで、今日は丸洗いのすすめ+独自フレームを材料費100円くらいで作ってしまう方法。
なにぃ~!!

続きを読む 指令:Tシャツくんのフレームを自作せよ!

黒Tシャツに白インクでプリント

inkon.jpg

前回作った版は、黒Teeシャツに白インクでプリントする前提で版を作ったので、早速刷ってみます。

ここで、ポイント。

最初、Tシャツくんの水性インク(通常のやつ)で黒Tに白インクで刷ったら、「ありゃ、うすい!」という結果に。

次に、なるべくべったり厚めに盛ったのですが、Tシャツにインクがしみていって、結局うすくなってしまう。

そこで、ポリエステル用インクを買ってきて、厚めに刷ると、まぁまぁだったかな。でも、満足のいく結果ではない。さらに、ポリエステルインクは版についた色が取れにくいので、やめ。

で、いろいろ試行錯誤した結果の解決策が、これだ。。

続きを読む 黒Tシャツに白インクでプリント

A4より大きい版を作ってみる

paper.jpg

TシャツくんにはTシャツくんPro.、TシャツくんJr.などいろいろなランクがありますが、もっとも一般的な3万円の「Tシャツくん」は、A4サイズの原稿用紙を使用しますよね?
うちのプリンタではA4までしか印刷できないので、A4を使ってますが、A4だと、Tシャツくんの版いっぱいには刷れません。
そこで、今回は、A4を2つつなげるという技に挑戦して、24cm×24cmの版を作ってみました。

うまいことつなげたら、つなぎ目をテープで止め、余分なところをカットして、いつもどおり露光します。

さぁ、うまくできるでしょうか?

続きを読む A4より大きい版を作ってみる

Tシャツくんで遊ぼう!

さぁ、かねてから予告しそうでしなかった、「Tシャツ」くんで遊ぼう!のコーナーが始まりそうです!
Tシャツを作りたいという願望・欲望・切望は、誰もが抱く、幼き日の永遠の夢。

そんな夢を3万円+インクとか、Tシャツとか、いろいろかさむ諸経費だけで作れてしまうのが、このTシャツくんなのです。

アイロンプリントとはわけが違います。
黒いTシャツに、文字だけプリントすることができるのです!
これは画期的!

ts01.jpg

Tシャツくんにもランクがありまして、小型のものから、Pro.とかついてる大型のものまで。
僕が購入したのは、3万円の、23cm×23cmのプリントができる、スタンダードなタイプ。

こやって、煽りアングル(下から撮ること?)で撮影すると、それなりにかっちょいい!

この、幼き少女の儚く淫らな夢を叶えてくれるTシャツくんの俺的テクなんかを紹介しちゃおうかと思っているのです。

でも、興味を持ったとしても、まだ買わないほうがいいです。
いろいろ面倒なのです。自分も、気が向かないとなかなか作らないのです。

でも、どうしても欲しかったから買ったのです。
3万円借金して買ったのです。
ネットで安いとこさがしても、せいぜい10%OFFまで。だから、東急ハンズで定価で買ったのです。

いまは、20%OFFで買えるの知って、ちょっとがっかりです。

「Tシャツくん」 20%OFF さらに送料無料!!
お試し用スクリーン(120メッシュ)2枚入り

TシャツくんでTシャツを作るときのメモとか