カテゴリー別アーカイブ: Tシャツくん

2色同時刷りにチャレンジ

IMG_5023

今日は2色同時に刷る技を紹介します。
この赤い丸とGOHANの文字を同時に刷ります。

普通なら、赤い丸を刷って、乾くのを待ってから文字を刷りますよね。でも、一緒にできちゃうのです。

 

IMG_2396

ジャーーン!!
こんな感じでインクをのせます。

IMG_2401

そして2本のヘラを使って、赤を刷って白、というように1色ずつ刷ります。

このように、色を変える部分がある程度離れていれば、同時に刷ることができるので、乾くのを待つ時間が短縮できるし、ラクです。

使っているのは、Tシャツくんのスキージの14cmのやつと、ホームセンターで見かけて買った黄色いヘラ。小さいパーツを刷るのに超便利です。

 Tシャツくん専用 樹脂製スキージ 14cm15001EA0049

 Tシャツくん専用 樹脂製スキージ 14cm15001EA0049
価格:340円(税込、送料別)

 

IMG_2403

白いTシャツには、赤と黒の2色でね。

 

Tシャツくんワイド購入!

IMG_6963

標準のTシャツくんでは満足できなくなり、Tシャツくんワイドを買っちゃいました。(だいぶ前ですけどね)
内寸23cm×33cmで刷れるからかなりできることの幅が広がります。
ワイドだけに。

 

版は以前の投稿Tシャツくんで自作フレーム再び。で作ったときと同じ方法で大きいものを自作してますが、角を落とす処理をして、ちょこっとだけ改善してます。また次回にでも紹介します。

 

_MG_8836

▲これはワイドを4版使いました。上の文字は版を横にして刷り、下の虎は白、赤、黒の順に重ねてます。
白を濃くしたかったので、白は2回重ねました。ずれないようにするのが難しいです。

kuma

ワイドだと、フロントに大きくプリントしてもかわいいですよね。目の赤を刷ってから、黒を重ねました。これは簡単。

USA

これもうさぎをワイドのMAXサイズで作って、その下に文字を入れてます。さっきのトラと同じ要領です。

 

ノーマルのTシャツくんよりも、表現力がかなり上がった感じがしますね。
値段は倍くらいしますけどね。
わりと本気で始めるなら、ワイドがいいと思います。断然オススメです。

 

版をきれいに作るコツ

今日は、版をきれいにつくるコツを。

ポイントは、スプレーのりで、プリントした用紙をしっかりと接着させること。スクリーンメッシュと原稿をしっかりとくっつけて、浮いてるところが無いようにね。

露光は説明書どおりでOK。

次に、水で洗っていくときのポイントは、多めの水を塗って、しばらく放置。
5分~10分くらい。そうすると、感光剤が溶けて絵柄が抜きやすくなります。
強くこすると、ピンホール(小さな穴)があくので注意。
ピンホールは気をつけていてもできてしまうので、専用の穴をふさぐやつで丁寧にふさぎましょう。

版のはしっこにはあまり水をつけないようにするのもポイント。
もとから着いてるフレームを使うときは感光剤がとけてくっついちゃったり、紫の色がついちゃったります。

用紙はコピー紙でOK。
Tシャツくん専用紙は使ってません。全く問題なし。
私の場合は露光時間1分10~20秒でバッチリです。
※紙の厚さにあわせて露光時間を調整しましょう!