指令:連続で刷れ!

今日は、Tシャツを連続で刷ってみよう!

ポイントは、パネルを複数用意すること、マーキングしておくこと、の2つ。
パネルは、Tシャツくん専用パネル(Tシャツくん・多色ハンガーパネルLL
)なんかもあるけど、コストダウンを目指す人にとっては、そんなの買ってられないよね。5枚で6000円なんて、VIPですよ。

何か替わりになるものはないかと、ほうぼう探し回って、3年。
百均でいいものを発見!

粘土板子供用の粘土板。在庫の保証の無い100均なので、当然、まとめ買い。20個買っても2,100円!
これにスプレーのりかけて、Tシャツを固定して刷るのです。
便利。

ts_renzoku01.jpgまず、後に刷るTシャツ(2枚目以降はすべて)にマスキングテープで位置の目印をつけます(マーキング)。
とくに4隅がわかるようにしておくのがポイント。
※例によって、100円自作フレームを使ったぞ。

連続で刷るので、一度刷った版を次のTシャツに置いたら位置調整はできないと思え!
微妙にインクが擦れたりして汚くなり、がっかりするぞ(経験者)。マーキングしたら、最初に刷るTシャツを持ってきて、刷る。今回はラグランに、刷る。

1枚目 これはいつもどおりの感じで、刷る。

1枚目完了白に黒インクなので楽勝。黒インクは一番のりがいい!続けて、2枚目。

2枚目セットさっきマーキングした場所にあわせて版を置く。
慎重かつスピーディーさが求められね。
2枚ならレベル3くらいかな。

2枚目も完了こうすれば、経験上、白に黒インクの場合で連続15枚くらいはいける。
それ以上は目が詰まってきて、かすれちゃうのです。
そのときは、台にTシャツを置くというタイムロスを防ぐため、ジャンプとマガジンを並べてやりました。基本的にTシャツくん使う人は、大量生産しないだろうけど(大量なら業者に依頼したほうがいい)、5~10枚くらいならまとめてどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です